テーマ:ブログ

平成最後の新年あけましておめでとうございます

性格統計学で『伝え方』『受け止め方』上手に!

 

あけましておめでとうございます。

伝え方インストラクターの駒野あゆみです。

『平成最後の〇〇』が流行していますが、みなさまは平成最後の新年いかがお過ごしでしょうか。

 

私は、年末までに帰省しようかと企んでいましたが、その矢先に雪でくじけて諦め、富山で新年を迎えています。

数日前からおせちの仕込みを始め、大晦日は国宝瑞龍寺で除夜の鐘をつき、日枝神社で友人の娘さんの巫女姿を拝みベビーカステラを買い、稲荷町神社で甘酒を飲み、護国神社でお参りして帰宅したら、4時前でした(笑)

 

そして元旦の遅いお昼にお雑煮とおせちを食べて1日引きこもっておりました。

 

今年いっぱいまだ健康の天中殺なので、しっかり健康祈願してきましたよ~。

 

平成最後の目標は何ですか??

さて、みなさんは「平成最後の目標・夢」はありますか?

私の平成最後の目標は、受験フードマイスターの資格を取ること!

去年、次男の受験の時に取るつもりでしたが、気忙しく過ぎてしまったため、公言しておけば実行できるかな、という自分への後押しです(笑)

 

受験フードマイスターで子どもの健康面を、性格統計学で子どもの精神面を、両方同時に自信を持ってアドバイス出来たら最強の組み合わせになるんじゃないかと受験生を持つ親として心から思ったわけです。

 

去年、次男の受験の時は、自分の精一杯の知識で健康面と、性格統計学での声かけで精神面と、

両方のサポートをしてきました。

受験生を持つ保護者の方は、子どもがその日にベストな状態で臨めるようにサポートするしかないですね。勉強だけは変わってやれないので・・・。

 

そんな時、自分の子どもの特性を知り、自分の当たり前を押し付けず、子どもに合った声かけで日々サポートできたら最高だと思いませんか?

 

私と次男も全く違うタイプだったので、それを知らないでいたら、

「なんで今ゲームなの?!」とか

「なんで寝そべって勉強してるの?!」とか

そんな声かけばかりしていたと思います。

でも、性格統計学で、次男には「なんで?!」はタブーだとわかっていたので、それを言わないようにする、ただそれだけでも子どものやる気をアップさせることができます。

 

そんな簡単で誰にでも実行できるようなことから、具体的にお伝えすることができます!!

 

まずは一度カウンセリングを受けてみませんか?

 

親が子どもを思うあまりのよかれの声かけが、気づかずにどんどん子どものやる気を削いでいる・・・

そんな残念なことになる前に、是非知ってほしいと願っています。

 

 

お問い合わせはお気軽に

 

 

PAGETOP