テーマ:ブログ

こんにちは。

ジェイバン心理統計カウンセラー&コミュニケーション講師の駒野あゆみです。

 

我が家の高1次男、現在中間テスト真っ只中。

しかし今朝はお昼過ぎでも起きて来ませんでした。

 

私「こらぁ~!いい加減起きないと調子くるって具合悪くなるよ~!」

 

次男「ふぁ~、わかったわかった。」

 

そんな感じでようやく起きてきました。

 

あなたならどんな言い方で起こしますか?

こんな時、『起こす』という目的に対してみなさんはどんな言い方をしていますか?

私と違う言い方だとしたら、「そろそろ起きたら?美味しいお昼一緒に食べようよ。」

と言ってみるのも『起こす』という目的には合っているかもしれませんね。

 

こんな風に、一つの目的に対して違う言い方があることを学び、自分の言い方の癖を知り、コミュニケーションに活かせるのが、

【伝え方コミュニケーション検定~中級~】です。

 

実用万象学での「思考の2分類」では、私と次男は同じタイプなので、若干脅しにも聞こえるこの言い方でも大丈夫ですが、違うタイプの方だと逆効果になることもあります。

 

「子どもを起こす」

「お客さまに商品を買ってもらう」

「部下にやる気を与える」

 

老若男女問わずコミュニケーションに活かせる方法が、実用万象学がもとになった、この3時間の検定講座で学べます。

 

受講料25%OFFの秋のお得なキャンペーン実施中!

 

02を見て・・・

というお申し込みの方がとても多い今日この頃、感謝いたします。

講座の詳細と日程は下記よりご確認ください。  

 

検定講座日程

 

 

 

 

PAGETOP